いくらまで借りれるか|その日に費用が必要なら事業者ローンという手がある

その日に費用が必要なら事業者ローンという手がある

男性

いくらまで借りれるか

お金とカード

総量規制で年収の3分の1

急な出費に対応しなければならなくなり、口座に残高が入っていない、身内や友人に借りるのも忍びない、そういった時に便利なのがカードローンです。申込みをして、早ければ当日融資を受けることができるからです。やはり申込みをしたら気になるのが、いくらまで借り入れできるのかです。申込みをするときに、希望の借入限度額を申告しますが、必ずその希望の限度額を用意してくれるとは限らないのです。目安となるのが総量規制です。総量規制では年収の3分の1以下に借入限度額が制限されます。例えば、年収が300万円の方は最大借入限度額が3分の1である100万円となります。これは、あくまで目安ですので最大でこの金額になるということになります。

他社の借入れ状況

カードローンは、消費者金融等の貸金業者に申込みをした場合、借入限度額が年収の3分の1以下に制限されます。銀行カードローンに関しては、貸金業者ではありませんので総量規制は適用されないです。注意しなければならないのが、年収300万円だから必ず100万円借りられるわけではないのです。ぴったり融資をするのではなく、他社で借入れがあれば、その分借入れ限度額は制限されることになります。また、年収3分の1とは言ってもある程度余裕を持たせるため、年収300万円だから100万円全額用意してくれるわけではないのです。また、転職等で年収が下がったとなるとカードローンの債務が年収の3分の1以下になるまで融資が制限されることもあります。