家を担保にするメリット|その日に費用が必要なら事業者ローンという手がある

その日に費用が必要なら事業者ローンという手がある

男性

家を担保にするメリット

積み木とお金

大金を低金利で借りられる

銀行や金融会社からお金を借りる場合、無担保ローンと担保ローンがあります。無担保ローンというのはカードローンのことで、担保ローンというのは不動産を担保にお金を借りるものです。カードローンは無担保なので借入限度額が決まっており、金利も高めになっています。不動産担保ローンというのは家や土地を担保にするので金融機関の信頼性が高く、低金利で大きな金額を借りることができます。しかも長期間の返済が可能なので、事業資金や子供の教育資金など用途も幅広くなっています。金融機関にとっては不動産担保ローンの利用者は優良な顧客なので、返済金を滞納しなければ色々な相談にも乗ってくれます。大きな金額が必要な場合は、カードローンよりも不動産担保ローンを利用した方がメリットは大きいです。

住宅ローンがあると要注意

土地と家があれば誰でも不動産担保ローンを利用できるというわけではなく、申し込んだ後に審査が行われます。特に気をつけたいのが住宅ローンを支払っている場合です。ローンの支払残高と、保有している不動産の市価との差額が審査対象になります。例えばローン残高が2000万円あって不動産の市価が1500万円しかないとすると、マイナス500万円になってしまうので不動産担保ローンは利用できないのです。不動産の市価が高ければプラスになるので利用できます。また住宅ローンの支払いがない場合でも、他社から複数の借り入れがあると審査は通りにくくなります。この2点だけに気をつければ、不動産担保ローンは緊急時の時にとても便利に利用できます。